「はれのひ」計画倒産被害者へ。「てるみくらぶ」の被害者が語る

はれのひ ハレノヒ メルカリ 計画倒産 社長 自己破産

スポンサーリンク


Pocket

着付け業者「HARENOHI(はれのひ)」が成人式目前に夜逃げをしました。一生に一度の晴れ舞台……2年前から何十万円もの予約金を払い成人式を心待ちにしていたお客さんもいるそうです。

このいわゆる【計画倒産】ですが、私も被害者の1人です。まだ記憶にある人もいるでしょう、旅行業者の「てるみくらぶ」。

格安旅行業者として有名でしたが、2017年3月末に自己破産をしました。旅行者の最高被害額は364万3600円で、最低被害額は5948円だそうです。

私は夏に海外へ旅行するために、2017年1月に14 万円を振り込んだ直後の話だったので、本当に後悔をしました。

なんでこの業者にしたんだろう……なんで私が被害者になってしまったんだろう……

14万円はドブに捨てたと思っていました。

でも、無事お金は全額戻ってきました

「はれのひ」被害者の方々は今は生きた心地がしないでしょう、心中お察しします。私は旅行代金だったので、着物とはまた話が違うかもしれませんが、少しでもお役に立てればと思い、私がどのようにして旅行代金返済まで至ったのかをお話します。

1.保険代理店に連絡

海外旅行なので保険がつきました。その保険代理店に連絡をし、保険代をまずは返済して貰えました。額にしたらとても少ないですが、少しでもお金が戻ってきて嬉しかったです。

2.クレジットカード会社に連絡

私はエポスカードで一括支払をしていました。ダメ元でエポスカードに「てるみくらぶの被害者なのですが、どうにかならないでしょうか……?(泣)」と電話したところ

只今対応を検討しております。詳細につきましては数ヶ月後になってしまいますが書面でお知らせします。

と神対応。それから半年ほどたった8月頃でしょうか、エポスカードより書面が届きました。

てるみくらぶでの支払われた金額において、全額を返済致します

エポスカードで払っててよかったあああ!!と心から思いました。無事、保険代を差し引いた旅行代金全額が返済されました。

本当の被害者は現金払いの人……

そう、私はカード払いをしていたから、カード会社が請け負って返済してくれましたが、現金振込をした人は残念ながら救済の措置が取られない状況です。

はれのひ被害者が今すぐすべきこと

  1. カード払いをした場合はカード会社に連絡をする
  2. 救済措置を取ってくれる機関、業者が無いか徹底的に調べる
  3. ツイッターなどSNSで新しい情報を常にサーチする

どうか、被害者の一人でも多くが笑顔になれる日が来ますようお祈りしております。

てるみくらぶの社長は逮捕されましたね。このはれのひの社長もいずれ逮捕される日が来る事を祈っています。

追記:1月26日ついにはれのひ社長が謝罪会見をしましたね。振り袖は保管されてるとのことでまだ安心。被害に合われ方々が救われますように。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2018年4月新潟県南魚沼市へ移住予定。「東京と南魚沼(暮らしやモノ、コト)の橋渡し」を目標に南魚沼のあれやこれを南魚沼初心者目線で発信。主婦業も超初心者。田舎雪国主婦ライフを徒然と【雑魚主婦ブログ】に綴っております。基本好きなことを好きなように書いています。