「行きたくない飲み会」が少しでも楽になる方法

行きたくない 飲み会 参加したくない お酒

スポンサーリンク


Pocket

忘年会、新年会と飲み会続きの季節がやってきました。正直、行きたくないけど参加するという人は沢山いると思います。

断るにも断れない。行きたくないよ~つらいよ~(泣)というあなたに心から同情致します。

そもそも、何がそこまで行きたくなくさせるのか

  • 周りへの配慮でとにかく気疲れをする
  • 仕事の時間以外で職場の人たちと話をしたくない
  • そもそもお酒が嫌い

こんな所でしょうか。分かります分かります。普段仕事中に気を使っているのに、更に勤務時間外でも気を使うのなんて苦痛以外の何物でもないですよね。

でも、それでも飲み会へ参加するあなたは立派です。今は飲み会に参加しない人たちも沢山います。参加するかしないかは個人の自由ですが、参加をするという選択をしたあなたに私は盛大な拍手を送ります。

おのさん
えらい!あなたはえらいぞ!!!!パチパチパチパチ

では、折角参加するんですから少しだけでも楽しめる、楽になる方法をアドバイスします。

お酌係に徹底する

え?気を使いたくないんだよ?と思いますよね。

あなたは無意識に気を使ってしまうタイプではありませんか?「お酒頼んだ方が良いかな~?あの人は何が欲しいかな~?」と色々な部分に気付いて自分の中でモヤモヤしてしまう。結局、それで気疲れしてしまうんです。

だったら!最初から「自分はお酌をする担当!」と自分の中で決めてしまいます。色々な部分に気を使っていたのが酒が少なくなったら足す!の単純作業のみになります。あれもこれも……と考えてしまう人は1つの事に絞って行動をしてみると精神的に負担が減るかもしれません。

上の空で相槌を打っておく

酔っぱらって饒舌になる人というのは自分が話すことが出来れば満足なんです。相手が真剣に話を聞いているかなんて酔っぱらっていたら分かりません。相手が覚えてもいない会話に気を使うのは疲れてしまいます。相槌のポイントは2点あります。

  • 相手の目をみながら
  • 時々感嘆の言葉をもらす

いくら酔っぱらっていても相手が自分の顔を見ないで話を聞いていたら「本当に聞いてるの?」となってしまいます。ですので、面倒ですが話している人の目は見ておきましょう。

基本的に相槌は「へえ~」「はい~」「そうなんですね~」のローテーションでOK。たまにアクセントとして「流石です~」「えー凄い」「知らなかった~」と感嘆の言葉を加えるとなお良しです。相手の自尊心が満たされます。

以上のポイントを押さえて上の空で相槌を打っておきましょう。

「行きたくない」仲間を見つけて二次会回避

大丈夫です。飲み会に行きたくない人はあなた以外にもいるはずです。(多分……)

飲み会の数日前から何気ない会話の中で「今度飲み会ありますね~」と投げかけてみましょう。相手の反応でその人が飲み会に対してどう感じているか分かるはずです。

この仲間を見つけておけば「魔の二次会連行」の波から逃れやすくなります。二次会の誘いは1人だと断りずらいけれど誰かと一緒だったら断れますよね?一次会の飲み会がお開きになりそうになったら、さりげなく「行きたくない」仲間の近くを陣取る事をおすすめします。


まとめ

行きたくない飲み会ほど苦痛なものってないです。でも、それでも行くのが大人だとも思います。「楽に」「適当に」飲み会を乗り切りましょう!陰ながら応援しています!

おしまい


 

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2018年4月新潟県南魚沼市へ移住予定。「東京と南魚沼(暮らしやモノ、コト)の橋渡し」を目標に南魚沼のあれやこれを南魚沼初心者目線で発信。主婦業も超初心者。田舎雪国主婦ライフを徒然と【雑魚主婦ブログ】に綴っております。基本好きなことを好きなように書いています。